特定非営利活動法人スマセレ 会長理事
田中 喜陽

 日頃より特定非営利活動法人スマセレの活動にご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 今日、雇用・教育・福祉…、従来の社会システムが行き詰まり、少子高齢化に突入し、不安を募らせている若者はますます多くなってきています。雇用環境は劣化し、不安定な条件で働く非正規雇用は増加し所得格差や貧困が拡大しています。過酷な労働によって、うつ病や自殺に追い込まれる若者も増えています。日本が戦後、積み残して、先送りしてきたものが一気に表れてきて、そのしわ寄せが若者に全部引き寄せられています。

 スマセレはもともと兵庫県のくらしヤングクリエーターとして消費者問題に関心を持ち、活動していた学生たちが立ち上げた団体です。学生だけではなく、様々な人たちと連携することで可能性が広がることを活動を通して体感しました。

 私たちの日々の選択によって未来は創られています。昨今、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)への関心はますます増しています。SDGsを達成するためには、個人や企業・団体などの様々な選択が重要になってきます。

 今は過去にとっての未来ですから、世界や地域にある様々な社会課題を解決するためには、若者、社会人、NPO、企業など、様々な主体が手を取り合って、今を変えていかなくてはなりません。そうすることで、世界中の人たちが未来においても笑顔で暮らすことのできる社会を実現することができるのではないかと考えています。

 特定非営利活動法人スマセレは、様々な個人や企業・団体などと連携し、若者を中心とした社会ネットワークを形成したいと考えています。また、そのネットワークを活用し、消費者市民社会を目指した消費者教育の普及、そしてそれらの活動を通した若者のキャリア形成を支援し、若者のエンパワメントをもって、社会に価値を提供したいと考えております。

 引き続き、多くのみなさまと社会課題に取り組み、一緒に前に進んでいきますので、宜しくお願いいたします。

特定非営利活動法人スマセレ
会長理事 田中 喜陽

田中 喜陽 のプロフィール

兵庫県立大学 卒。2013年より兵庫県くらしのヤングクリエーター、2016年~2018年兵庫県長期ビジョン審議会委員。2018年~2030SDGs公認ファシリテーター。
元 全国大学生活協同組合連合会 理事・全国学生委員・大阪・兵庫・和歌山ブロック学生委員長(※1)、元 大学生協阪神事業連合 理事(※2)など。
※1 大阪・兵庫・和歌山ブロックは2016年より関西北陸ブロックになりました。
※2 大学生協阪神事業連合は2018年より大学生協事業連合になりました。